温室作り Part.1

毎度カメ更新です。

ただいま温室、っというか小屋というか、植物置き場を製作中。
ここまでを一気に載せちゃいます。

作る場所は陸屋根のベランダ。
母屋との連結と強度に頭を悩ませました。。。
母屋と鉄製の柵をつなぐ角パイプが元々あります。

取り敢えず目指すはこんな形。CADで何となく描いてみましたが、これは強度とか全く考えていない取り敢えずの図です。
当初奥行き6mを考えていましたが、色々考え奥行き5m×間口2.7m×高さ2mプラス屋根という寸法に。

φ48.6の足場に使われる単管パイプを組む事にしました。
初めは単管パイプと木材を組み合わせる予定でしたが、温室って湿度とかどうよ?って指摘もあったりして、パイプのみで建てることに決定。

~ 7月5日(土曜) ~
母屋との連結の要はジャッキベース

それと5cm角用のクランプ。
これで元々ある角パイプに固定する手はず。

で、仮組み。
まっすぐ床に下ろすと壁から斜めに張り出ている部分があって立たないので、自在クランプで2本を平行に留めてずらしました。
ガッチリつく事を確認。

夜だったけど、我慢できずにちょっと塗ってみる。
単管むき出しも悪くはないけど、母屋とくっつくので流石に塗ることにした。

~ 7月6日(日曜) ~
養生してペンキ塗り。
この作業が無きゃさっさと組めるのに・・・。
でも暑くてペンキがすぐ乾く!
汗だく、熱中症に気をつけながら作業です。
色は壁色に近いアイボリーの安いペンキ。
無難な色を選ぶのは、だいたいどこにでもあるし、メーカー変わってもそんなに色に差が出なそうだから。剥げたりして塗り直す事も考えます。

で、鉄柵に柱を固定。 普通の自在クランプですが、ちょうどいいことに鉄柵の角材にがっちり固定出来る! 鉄柵への固定は補助的な感じだけど、固定できると安定感が違います。

~ 7月10日(木曜) ~
昼間は仕事なので短い時間で出来る作業。
最下部の四角枠を作るのに長い部分をパイプカッターでカット。

切り口綺麗!
パイプカッターは使ったことあったけど、こんな太いパイプは切ったことなくて少し不安でした。
およそ30回転で切断。
他のパイプにクランプで固定して切れば結構楽に切れます。
楽しい!

~ 7月11日(金曜) ~
 早朝、仕事前に塗るべし塗るべし!

仕事終わってからは速攻柱立て。
壁際は例のジャッキベースを使って立てます。

壁際、もう一本柱が足りません。。。
下に這わせた塗ってないパイプがパイプカッターで切ったやつ。
計算通り!(現場合わせだけど)

~ 7月12日(土曜) ~
前日足りなかった柱を立てて4本揃いました。

柱の根元もガッチリ固定。

~ 7月13日(日曜) ~
材料が足りなくなったのでホームセンターへ買い出しに。
単管パイプとはいえ結構な出費になります。。。
車は軽のライフなので2mのパイプを積むのが精一杯。
材料の運搬も頭を悩ませた一つですが、ま~なんとかかんとか。

で、ひたすら塗るべし塗るべし塗るべし!

~ 7月16日(水曜) ~
ちまちまと仕事の合間に組んだりしてここまで完成。
箱型が見えてきた!
嬉しい!

ジャッキベースを上に付けたのは訳があって、足元のパイプを目一杯下げたかったから。

こんな感じ。
跨ぐのは低いほうがいいでしょう。

~ 7月17日(木曜) ~
箱型が見えれば俄然ヤル気が出ます。
っと言う訳で、屋根部分に着工!
片流れ屋根になるように渡しを付けていきます。

 この後雨が振りそうだったのと、材料切れのため、取り敢えず簡易的に屋根を張りました。
半透明のドカシートをロープで張っただけですが。。。

本当はちゃんとした屋根(ポリカ波板か農POフィルムか悩んでます)を張る予定ですが、こんなんでも屋根がついて小屋っぽくなると嬉しい!

大事な植物をこれ以上雨ざらしにする訳にもいきませんし。
広い広い♪
まだまだ置けちゃう!

電気も引く予定ですが、取り敢えずキャンプ用のLEDランタンで明かりとり。
いい雰囲気です。

取り敢えずここまで。


後日、頼んでおいたφ48.6用のパッカー(パッチンクリップ)が届き、現在は屋根のシートをもっと強固に止めてあります。
雨もかなり降ったけど問題無さそう。

今後は補強に筋交いパイプなど入れて、屋根の渡しとビニールをどう張るのかを考え中。
例によってまだ筋交いの場所などは適当に描いてて、これから決めます。
屋根をポリカにするか農POフィルムにするかで屋根の渡しの形状が変わるんで、悩む所。

周りはビニペット?オキペット?を付けてビニール張りたいけど、鉄柵に固定してる箇所をどう処理するか・・・?

後は扉は引き戸にしたいな~などなど。。。

冬までに考えて作らないと^^;

今は雨だけでもしのげるようになって凄く嬉しい!

植物の世話もしないとね。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA